坐骨神経痛でお困りの方はご相談ください。

たけだ整体院

坐骨神経痛について

坐骨神経痛はなぜ起きるのでしょうか

お尻から股関節、太もも、ふくらはぎにかけての痛みを下肢痛と呼び、そのうち坐骨神経の経路に沿った痛みを、挫骨神経痛と言います。
坐骨神経とは、人体の中で最も太く長い神経です。
経路はお尻からももの後ろ側を通り、ひざのあたりですねとふくらはぎの方に分かれます。
当院にいらっしゃる方でよくある症状は、
・動くとお尻から足にかけて痛み、しびれが出る
・足が痛くて立っているのが辛い
・足が痛くて長く歩けない
・お尻や足が痛くて朝起きるのが辛い
などです。
こういった症状に限らず、お尻から足にかけての痛みやしびれでお困りの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

坐骨

神経痛の原因には
・腰椎椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・脊椎分離すべり症
・脊椎変性すべり症
といった腰部の疾患があり、坐骨神経が圧迫されることによって、痛みやしびれが出るとされています。
また梨状筋というお尻の深いところにある筋肉が硬くなって、坐骨神経を圧迫していることも原因としてあげられています。
さらにもう一つ、トリガーポイントの関連痛というのがあります。
どういうことかというと、お尻の筋肉に固いしこりができると、坐骨神経の経路に沿って痛みが出るという現象です。
そしてその固いしこりのことをトリガーポイントと言います。
実際に坐骨神経痛でお困りの方は、お尻にコリッとした塊ができていて、そこを刺激すると痛みが再現することもあります。

当院ではこのように施術します

坐骨神経痛でお困りの方は、お尻から太ももにかけての筋肉が硬くなっていることが多く見られます。
これは痛みを感じることで筋肉が緊張し、さらに痛みが増してといった悪循環になっているためです。
また体の左右や前後で緊張の度合いが異なっていると、骨盤が歪んできて体に余計な力が入り、さらに症状を悪化させるという事態になります。
当院では硬くなった筋肉をほぐして痛みのレベルを下げながら、骨盤の歪みをとっていきます。
この時同時に、症状に関係していると思われるトリガーポイントがあれば、それを緩めます。
その上で股関節や背骨の動きを改善して、さらに骨盤の状態をよくします。
施術の後は効果が続くように、簡単にできる体操やストレッチなどをお教えします。
また立ったり座ったりしている時の、良い姿勢の作り方についてもわかりやすく説明します。

ホットペッパービューティーでの予約がこちらからできます。

PageTop