頭痛でお困りの方はご相談ください。

たけだ整体院

頭痛について

頭痛はなぜ起きるのでしょうか

頭痛には特に病変がなく慢性的に起きる一次性頭痛、何かの病気
によって起きる二次性頭痛があります。
頭痛を起こす病気の中には放置すると危険な場合があるので、
急激な痛みや痛みがどんどん強くなるといった、経験したことが
ないような感じ方をした場合は、早めに医療機関で検査を受けられることをお勧めします。

ただすべての頭痛の約90%は、一次性頭痛と言われていて、大きく分けて緊張型頭痛、群発頭痛、偏頭痛の3種類があります。

頭痛

1 緊張型頭痛
緊張型頭痛は、頭痛全体の80%にもなるということです。
文字通り、筋肉が緊張することで起ります。
症状は、毎日か週に2〜3回締め付けられるような痛みが出ます。
筋肉が緊張する原因はよくない姿や、精神的ストレスが挙げられます。
また頭痛に関連する筋肉は、
僧帽筋
板状筋
後頭下筋
前、側、後頭筋
胸鎖乳突筋
などです。
これらの筋肉に負担がかかる姿勢を続けたり精神的ストレスが続くと、筋肉への血流が不足し頭痛が起きます。
良い姿勢を心がけることはもちろんですが、ストレッチ、体操、ウォーキングなどの軽い運動をして心身をほぐすことが頭痛の予防になります。

2 群発頭痛
群発頭痛の原因ははっきりしていませんが、頭の血管が拡張して起きると言われています。
症状は「目の裏側をドリルで削られているような痛み」と言われるほど、痛みの程度が強いのが特徴です。
目が充血したり、涙や鼻水が出るといった、自律神経症状がでることもあります。
1年から数年に一度、1〜数ヶ月の間ほぼ毎日決まった時間に起こります。
治療は、酸素吸入と薬物療法です。
ストレスやアルコールがきっかけとなることが多いようなので、頭痛期に入ったら禁酒することが大切です。

3 偏頭痛
原因は幾つかの説がありますが、なんらかの理由で頭部の血管が拡張し、周囲の組織を圧迫することで起こると考えられています。
特に仕事などで一時的にストレスが高まっていた状態から、一気に解放された時などに出やすいようです。
症状は頭の片方または両側が脈打つように痛みが、月に1〜2回程度、多い時には週に1〜2回程度起こります。
ひどい時は、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。
20〜30%の人は閃輝暗点などといった前兆があると言われていますが、兆を伴わない場合でも、なんとなく頭痛が起こりそうといった予感がある場合もあるようです。

当院ではこのように施術します

1 緊張型頭痛
このタイプの頭痛がよく起きる方の多くは骨盤や背骨の歪みから、頭が前に出た状態になっています。
そのため頭の重みで、首や肩の周りの筋肉に負担がかかりやすくなっています。
この状態では筋肉が緊張して、緊張型頭痛を起こしやすくなります。
当院ではまずは歪んだ状態で固まった筋肉をほぐした上で、背骨の動きを改善します。
その上で骨盤や背骨のバランスを整え、頭痛が起きにくい身体の状態に改善していきます。

2群発頭痛 3偏頭痛
これらのタイプの頭痛は、血管の拡張が原因となっていますが、血管をコントロールしている、自律神経の働きが乱れていると言えます。
骨盤や背骨のバランスを整えていくと、自律神経の働きが安定するので、
症状が出にくくなっていきます。
したがって、頭痛に対してはタイプに関わらず、同じ方法で改善していきます。
さらに施術の効果が続くように、首肩周りの負担が小さくなる姿勢の作り方や、簡単なエクササイズをお教えします。

ホットペッパービューティーでの予約がこちらからできます。

PageTop