自律神経失調症でお困りの方はご相談ください。

たけだ整体院

自律神経失調症について

なぜ自律神経失調症になるのでしょうか

自律神経失調症の症状には
 ・身体に現れる症状
   めまい、耳鳴り、疲労感、ほてりや冷え、食欲不振、睡眠障害、胃腸の不調
 ・精神に現れる症状
   情緒不安定、集中力低下、不安感、憂鬱感、意欲の低下
などがあります。
このような症状がある場合は、自律神経のバランスが崩れているのかもしれません。
自律神経とは自分の意思とは無関係に、臓器や器官の働きをコントロールしている神経です。
例えば食事をしたら胃や腸が消化活動を始めるとか、寝ている間も心臓がちゃんと動いているか。暑くなったら汗をかいて体温を調整するとかです。
さらに自律神経は、免疫システムや、ホルモンと一緒に環境の変化に対して、体の状態を一定に保つシステムを作っています。
このシステムをホメオスタシス・トライアングルと呼んでいます。
このシステムが正常に機能していることで、体の健康が保たれているのです。

自律神経失調症

自律神経には交感神経と副交感神経があって、この二つの神経がバランスよく働いていれば良いのですが、バランスが崩れると身体、精神に不快な症状が現れます。
その交感神経と副交感神経にはそれぞれ次のような働きがあります。
・交感神経
 日中に活動する時に働き、心身を活発にします。
 緊急時やストレスを感じたときにもレベルが上がります。
 車のアクセルにあたる神経と表現されることが多いですね。
・副交感神経
 心身を休め、体のメンテナンスをする神経です。
 休んでいるとき、寝ているときになどリラックスしているときにレベルが上がります。
 車のブレーキにあたる神経と表現されることが多いですね。
この二つの神経は昼と夜でそれぞれが入れ替わって、昼は活動的に夜は体をメンテナンスする、というふうに働き心身ともに良い状態を維持しているのです。

ところがその切り替えがうまくいかなくなったときに、いろいろな不快な症状が現れてきます。
現代社会でその切り替えがうまくかなくなる主な原因は、「ストレス」と「不規則な生活」です。
この場合交感神経が活発に働いている状態から、副交感神経が優位になる状態への切り替えがうまくいかないのです。
つまり交感神経が優位な状態が、ずっと続いていることになります。

当院ではこのように施術します

人が活動していくためには、ストレスは避けて通ることができません。
また仕事によっては、時間が不規則にならざるを得ないことがあります。

ストレスを溜め込まないで、規則正しい生活をして。
「解っていてもできないよ」、と思っている方は多いと思います。
そんな方にカイロプラクティックは有効なのです。

当院では交感神経が優位になって緊張している筋肉をほぐし、さらに関節の動きを改善することとで、骨盤と背骨のバランスを整えます。
その結果副交感神経のレベルが上がり、自律神経のバランスが良くなります。
さらに筋肉に負担がかかりにくく、呼吸がしやすい姿勢を作るためのアドバイスをします。
深くてゆったりした呼吸ができるようになれば、さらに自律神経のバランスが良くなります。

なんだか体調が思わしくないな、と感じた時は当院までお気軽にお越しください。

ホットペッパービューティーでの予約がこちらからできます。

PageTop