腰痛でお困りの方はご相談ください。

たけだ整体院

腰痛について

腰痛はなぜ起きるのでしょうか

腰痛は日本人の約80%は、一生のうちに一度は経験するというデータがあるくらい、私たちに身近に感じられるものです。
加齢とともに腰痛をお持ちの方は増える傾向にありますが、近年は生活スタイルの変化から、30代くらいの若い人たちにも腰痛を感じる方が増えて来ています。
腰痛を引き起こす原因としてよく言われるのが、
 ・腰椎椎間板ヘルニア
 ・脊椎管狭窄症
 ・変形性脊椎症
などです。

腰痛

ところが腰痛の85%は原因がわからない、と言われています。
つまり腰に明らかな病気がないのに、痛くなるということです。
ではなぜ腰が痛くなるのでしょうか。
腰に限らず肩や首、腕などに痛みを感じるのは、筋肉が緊張することで血流が悪くなって、老廃物が溜まっていくからです。
当院に腰痛の治療でいらっしゃる患者さんは、皆さん腰やお尻、太ももの筋肉が硬く緊張されています。
そして立ったり、座ったりしている時の骨盤の状態を見ると、左右や前後に傾いていたり、右回りや左回りにねじれています。
このように骨盤がゆがんでいると、体のいろいろな筋肉に負担がかかり緊張し始めます。
その緊張が痛み→緊張→痛み、といった悪い循環を起こすのです。
その上にデスクワークで一日座りっぱなしとか、電車や車に乗っている時間が長く、体を動かさないとか…。
あるいは、介護の仕事など中腰でいる時間が長い、などといった仕事での動作や生活習慣が、さらなる筋肉の緊張を招きます。
一晩寝て解消できれば良いのですが、少しずつ翌日に持ち越してだんだんと溜まっていき、いつの間にか腰に痛みを感じるようになるのです。
腰痛に限らずいわゆる慢性痛については、いつから痛みを感じるようになったか定かではないことが多いのは、このように少しづつの積み重ねから発生しているからです。
さらにストレスも痛みに関係しています。
ストレスが高まってくると、自然と筋肉の緊張が高まりますが、さらに痛みを強く感じやすくなります。
慢性腰痛を軽減するには、筋肉の緊張を解いて悪循環を断つことと、ストレスを軽減するという2方向からのアプローチが必要です。
ところで、腰痛には急性腰痛いわゆるぎっくり腰というものがあります。
急に動いたり、重いものを持ったりした時だけでなく、ちょっとした動作でも発症します。
あまりの激痛で、動けなくなるくらいです。
原因としては、椎間板ヘルニアや腰椎椎間関節捻挫または腰の筋肉の緊張などが挙げられていますが、よくわかっていません。
発生直後は安静にしていれば、痛みは和らいできます。
ある程度痛みが和らいで動けるようになってきたら、痛みを感じない範囲で積極的に動いた方が回復が早くなります。

当院ではこのように施術します

腰に痛みがある方は、腰だけでなくお尻や太ももの筋肉が強く緊張しています。
これは骨盤や背骨が歪んでいるために、お尻や太ももの負担が大きくなっているからです。
また逆に筋肉が緊張しているせいで、骨盤や背骨が正常な状態になるのを邪魔しています。
当院では緊張している筋肉を、トリガーポイントセラピーという手法で、奥深いところからほぐしていきます。
同時に背骨や股関節などを動かしながら、骨盤の状態を整えます。
さらに日頃の姿勢や体の使い方、簡単にできて効果が期待できる体操、ストレッチをお教えします。
特に良い姿勢を心がけていただくことは、非常に大切です。
ただ単に姿勢を良くしてください、といってもなかなかできるものではありません。
一人一人にあった、良い姿勢の保ち方のポイントをアドバイスいたします。

ホットペッパービューティーでの予約がこちらからできます。

PageTop